マジカルミライ2018 感想 いつも通り最高だった! いや、いつも以上に最高だった!

というわけでマジカルミライ2018に行ってきたので、その感想というかいろいろ書いていこうと思います。

マジカルミライには2016年ぐらいから参加していて、そこからは毎年のように行っています。もう、自分にとっては夏の楽しみのひとつになっていました。そんな初音ミクさんたちクリプトンのVOCALOIDたちの祭典の感想を書いていこうと思います。

・企画展

マジカルミライには公式のグッズの販売や、企業やサークルが出展する企画展と、ミクさんたちが主役のライブの2つの顔があります。という訳で企画展とライブの2つの項目にわけて感想を書いていきます。

企画展ですが、僕は遠方から来たということもあって午後に会場の方に到着しました。午後だったのでスムーズに入場できましたが、午前中だとこうはいきません。グッズが目当ての人たちはもう朝からずらっと並んで待機しています。

僕も1回グッズが欲しくて並んだことがありましたが、結構辛かったです。夏なので暑いし、人が密集していてさらに暑いしで散々でしたね。しかも、お目当てのグッズがもう売り切れていたということもあって。気分は最悪でした。もし、お目当てのグッズがある人はそれなりの覚悟をしてくださいね。

入場した際に真っ先に目に入ってきたのが、鏡音リン・レンの10周年を祝うものでした。これを見るまで、リン・レンが10周年だったことをすっかり忘れていました。リン・レンには少し申し訳なく思っていました。

その代わりといってはなんですが、リン・レンのお祝いするメッセージを書きました。イラストを描いている人もいましたが、もちろん僕はそんなに絵が上手いわけではないので、メッセージだけ書いておきました。

鏡音リン・レンの10周年を祝うものを見た後は、公式のグッズを買いに行きました。欲しいものは大体買えましたが、お守りと缶に入ってるクランチョコだけ買えませんでした。お守りとかは大阪と東京とでデザインが変わっているので、それだけ価値が上がっていたんですかね。

自分はグッズといっても毎日目に入るようなもの、使えるものが欲しいんですよね。使わないものだと押入れの底に埋まっちゃいそうです。個人的にはアクリルクロックが気に入っています。2016年もアクリルクロックを買ったのですが、その時よりも高級感があっていい感じです。

その後はミクさんの歴史を振り返るものやどんなイベントがあったのかをみたり、応募されていたイラストなどを見ていました。すごい自分好みなイラストを見ると自分も描きたくなっちゃいます。いつか、ミクさんのために何か描けたらいいんですけど。

サークルの方も見に行きました。サークルには、自分が普段聞いているボカロPさんもいてちょっとドキドキしていました。テーマ曲を作ったOmoiさんもいて、少し興奮していましたね。思い出にCDを買わせていただきました。

最後にライブに行く前に丁度、ステージの方でライブイベントがあったのでそっちの方にいきました。内容は、DIVELAさんのリミックスのセットリストによるkeiseiさんのDJステージと、tilt-sixさんのバンド編成ライブでした。

本番のライブの前の準備運動という感じで、ペンライトを振って楽しませていただきました。DIVELAさんのMETEORも聞けたし、tilt-sixさんのバンドも聞けたしで最高でした。tilt-sixさんの曲は自分はエレクトロサチュレイタしか知らなかったのですが、他の曲も知ることができてよかったです。

・ライブ

お次はライブですね。僕は東京の9月2日の夜公演に参加しました。

ライブで気になるのはどこの席か。自分はE1だったのであまり前の方でないのはわかっていたのですが、よりによって一番端の方だったので少しがっかりしました。せめて、真ん中の方なら…。

やっぱり、自分の目でミクさんを見たいという気持ちがあるんですよね。ミクさんをこの目で見たいというもの目的の1つですが、会場に来て観客のみなさんとライブを楽しみたいというのもあるので、気持ちを切り替えてここは目一杯楽しむことにしました。

1曲ずつ感想を書こうかと思うのですが、その前にセットリストの一覧を見ておきましょうか。

1.Hand in Hand
2.ビバハピ
3.METEOR
4.アンノウン・マザーグース
5.ワールドイズマイン
6.キャットフード
7.アカツキアライヴァル
8.愛言葉
9.あったかいと
10.Nostalogic
11.on the rocks
12.No Logic
13.ドリームレス・ドリームス
14.劣等上等
15.ロキ
16.ジェミニ
17.8HIT
18.いーあるふぁんくらぶ
19.リバースユニバース
20.TODAY THE FUTURE
21.shake it!
22.ODD&ENDS
23.39
24.砂の惑星
25.Tell your world
26.グリーンライツ・セレナーデ

こんな感じですね。ずらっと見てみると、あの懐かしの名曲から最近の人気曲までバランスよく揃っていて、とても良いセットリストですよね。それでは、1曲ずつ感想の方を書いていきます。

1.Hand in Hand

「Hand in Hand」 はライブで初めてやった時からもうずっとやってきていますよね。マジカルミライといえばHand in Handというイメージが自分の中では勝手についています。Hand in Hand といえば歌詞に出てくる「Hand in Hand」に合わせて、みんなで「Hand in Hand」とコールするのが定番ですよね。これがもう毎年楽しみです。

いつもなら中盤、後半に出てくるイメージなのですが、今年は初めから「Hand in Hand」で最初からクライマックスだぜ!という感じで、初っ端からテンション上がりまくりでした。曲の出だしを聞いた時には、Hand in Hand?こんな序盤で?!みたいな感じで驚いていましたけどね。

歌詞ももちろんライブ中に出てくるPVの映像も泣かせてくるので、ちょっとうるっときちゃいます。これが後半だったら泣いていましたが、今年は序盤だったのでまだ泣きはしませんでした。

2.ビバハピ

「ビバハピ」は意外でしたね。というか、今年は全然どんな曲がくるのか予想がつかなかったので、どんな曲がくるのか楽しみでもありました。僕はセットリストのネタバレは嫌なので、絶対ライブに関するツイッターとかは見ないようにしていました。

久しぶりに聞きましたが、ミクさんの可愛さが詰まっているいい曲です。Mitchie Mさんの神調教もあって、さらにミクさんの可愛さが増しています。久しぶりすぎて初めの「キュン」とかのコールについていけなかったのは少し残念でしたが、そんなこと気にならないぐらい楽しかったです。

3.METEOR

「METEOR」はマジカルミライ2018の楽曲コンテストでグランプリを受賞した曲ですね。作曲している人はDIVELAさんなのですが、自分のイメージとしてDIVELAさんはカバーをしているというのが強いです。ですので、動画サイトに投稿された時も、DIVELAさんが作曲したということに少し驚きました。

グランプリを受賞された曲ということもあり、作曲した人の思いがすごい込められている感じがしました。盛り上がるし、歌詞もミクさんへの思いが詰まっているようで聞いていると泣きそうになりますね。「ミーティア!」とみんなでコールするところもいいですよね。みんなの思いが込められている気がします。

4.アンノウン・マザーグース

「アンノウン・マザーグース」はとにかくミクさんがかっこよかったですね。振付が可愛さを出すというよりも、カッコよさを意識している感じがしました。「オーオーオ」と途中でコールするところがあったんですが、自分には少しきつかったですw 長いし、音程も高いしで。

自分はあんまり歌が上手くないのでコールするときちょっと緊張しちゃうんですよね。下手くそだったらどうしようみたいな。でも、ライブ中はそんなことも気にならないぐらいに夢中になっちゃってますけど。

5.ワールドイズマイン

「ワールドイズマイン」の前にミクさんのMCがあったんですけど、これがもう可愛かった。「みんなが来てくれて、私も嬉しい♡」みたいなことを言ってくれて、まぁかわいいこと可愛いこと。身振り手振りもかわいくて最高でした。MCのレベルが年々上がっている気がしますね。

ミクさんがあの懐かしの名曲といってきたのが「ワールドイズマイン」。何だろうなと思っているところに「せかーいでー」と歌い始めた時にはテンション爆上がりでした。この曲がきたか!と。

「ワールドイズマイン」はライブのDVDとかでよく見ていました。が、前の名曲なので最近はあまりやってくれないんですよね。「ワールドイズマイン」で。「その1!」ってコールしたいなぁと見ながらずっと思っていたので、できて本当によかったです。

余談ですが、ライブ中に左右にカメラからの映像が流れるのですが、そのカメラがミクさんのお尻の部分をこれでもかと映していたんですよねw おいおい、と思っていましたがついつい目がいっていしまって…。ミクさん、ごめんなさい。弱い自分を許してください。

6.キャットフード

「キャットフード」も自分の中では久しぶりな気がしましたね。「キャットフード」のミクさんのモジュールが好きなんで嬉しかったです。前髪の斜めぱっつんのミクさんが可愛い。マイクスタンドを使った振付も好きです。

7・アカツキアライヴァル

これは完全に予想外というか意外でした。ここでルカさんくるかっ、という感じでミクさんとルカとのデュオというと、「ワールドイズマイン」、「magnet」、「Easy Dance」しか自分の頭の中にはなかったので、本当に意外でした。

久しぶりに聞けたっていうのもあって、よかったです。ミクさんとルカとの息の合ったカッコイイダンスも見物でしたね。

8.愛言葉

DECO27さんの曲でも、特に好きな曲の1つ。この曲には感謝の気持ちが詰まっていて、聞いていると自分のミクさんへの思いが募ってしまってちょっと泣いてしまいました。この曲はミクさんのステップが好きです。

9.あったかいと

ここからはミクさんからバトンタッチして、KAITOとMEIKOの大人組のターンです。KAITOとMEIKOは1曲ずつやるのが通例で、曲も何年かごとに1度変わるという感じになっています。なので、今年も「ドクター=ファンクビート」なのかと思いましたが違いましたね。

KAITOとMEIKOの曲は普段あまり聞かないので、「あったかいと」はライブで初めて聞きましたね。そのため、途中の「oh,oh,oh,oh~」というコールについていけませんでしたw でも、耳に残りやすいというかノリやすい曲だったので、コールもすぐ覚えることができました。

10.Nostalogic

KAITOの次はMEIKOの番。最近のマジカルミライは「忘却心中」だったので、今年もそうかと思いましたがKAITOと同じく今年は変えてきましたね。「Nostalogic」は「あったかいと」とは違い、ライブでも何度かやったことがあるのでそれほど驚きはしませんでしたが。

「Nostalogic」といえば「M-E-I-K‐O」の部分で「M、E、I、K、O」とコールするのが定番ですよね。ここはいつも通り気持ちよくコールさせてもらいました。

11.on the rocks

KAITOとMEIKOが1曲ずつ歌い終わったので、これでKAITOとMEIKOのターンは終わりかと思いきやまさかのKAITOとMEIKOのデュエット。これにはビビりました。

KAITOさんのピアノがこれがもうカッコよくてですね…。大人組のオシャレ曲のデュエットには痺れました。

12.No Logic

ここからはルカさんのターン。最近のマジカルミライでは「どりーみんちゅちゅ」が定番でしたので、今年もKAITO、MEIKOと同じく変わらないと思っていました。去年はミクさんとリンちゃんと一緒に踊ったりしていましたが。

「No logic」も名曲ですよね。落ち込んでいるときにぴったりの曲です。ルカさんのダンスもよかったですね。

ルカさんも基本的に1曲だけですので、この曲でルカさんのターンは終わりました。

余談ですが、「No Logic」と「Nostalogic」とで自分の中でこんがらってしまうことがあります。曲としては全くの別物ですけどね。

13.ドリームレス・ドリームス

またまたミクさんのターン。今までの盛り上がる曲とは打って変わって、しんみりとした曲。聞いていると泣きそうになるメロディーで、いい曲です。

ライブではこういう緩急も大事ですよね。盛り上がる曲ばかりだけでなく、こういう風に間に少ししんみりする曲を挟むことでさらにライブが盛り上がります。

14.劣等上等

ということで今度はリン・レンのターン。鏡音リン・レン10周年のために作られた曲でまさに今年にぴったりの1曲です。ギガさんの曲ということもあって、中毒性が高く、一気にテンションが上がりましたね。コールするところも気持ちが良かった。

リン・レンの衣装も可愛くて、カッコよくてそして、ダンスもカッコよくて可愛くて、最高でした。リン・レンの魅力がたっぷり詰まった1曲でした。

15.ロキ

「ロキ」も最近出てきた曲で、瞬く間に有名になったので絶対にくるとは思っていましたが、リンだけでなくレンも出てきたんですよね。「ロキ」はリンとたぶんみきとPさんかな?が歌っている曲なので、やるならリンのソロだと思っていましたからね。

みきとPさんが歌っているところをレンがしっかりカバーしていて、リン・レンVerの「ロキ」もぜひ投稿してほしいと思いましたね。レンの部分はみきとPさんが調声してくれたのでしょうか。

「ロキ」ということもあって、「劣等上等」が上がりきったテンションがさらに上がりましたね。もう吹っ切れました。

16.ジェミニ

今までの激しく、盛り上がる曲ではなく、しんみりとした1曲。名曲ですね。

ライブ中に流れる映像からは、10周年をお祝いするために応募されたであろうイラストが流れていました。

リン・レンのこれまでの歩みや、名曲の数々が思い出されて感慨深かったです。

リン・レンの2人の仲の良さを伺えるようなダンスで見てるこちらもほっこりしました。

17. 8HIT

あの数々のリン・レンの楽曲で名曲を生み出している、ワンダフル☆オポチュニティ!さんの名曲の1つですね。

でも、この曲が来るとは思ってもみませんでした。イントロから聞いたことのある曲だとは思ったものの、サビにいくまでピンときませんでした。

この曲がライブで聞けて嬉しかったですね。リン・レンのジャージ姿も可愛いかったです。

18. いーあるふぁんくらぶ

リン・レンのターンのラストを飾ったのはこの曲。

元々はこの曲はリンとGUMIで歌っていますが、マジカルミライではもうリン・レンの曲として定着していますね。

普段、初音ミク Project Diva X をやっている身から言わせてもらうと、いつミクさんが出るかドキドキしていましたw

いーあるふぁんくらぶはコールが多くて、楽しい1曲。ラストにふさわしい1曲でした。

・バンド紹介

ここでバンド紹介となるのですが、使われた曲がまさかのココアシガレットPさんの「ボーカロイドたちがただ叫ぶだけ」。

曲と言っていいかわかんないですけど。えぇ、ここで使うんかー、って感じでびっくりしてましたw

まさかライブで聞けるとは。そして、バンド紹介ではお馴染みの「ボーカルはー?」「初音ミクー!」から、ミクさんのターンへ。

19. リバースユニバース

この曲はミクさんの10周年をお祝いした曲というのもあって、ミクさんへの思いが詰まっている曲ですよね。

歌詞のあちらこちらに数々の名曲のフレーズが散りばめられているので、自然とミクさんのこれまでを振り返ってしまって、いつの間にか泣いていました。

20. TODAY THE FUTURE

そして、この曲がくると。個人的にこの曲はマジカルミライでやる曲の中でも特に好きな1曲です。

底抜けに明るい曲というか、勢いがあるというか、爽やかな曲が大好きで、ミクさんの元気がもらえるようなダンスと合いまって涙が止まらなかったです。

なんかこういう元気のある曲というか、爽やかな曲を聞いてると涙が出ちゃうんですよね。

途中で演奏が止まって観客で歌うところがあるんですが、歌詞がうろ覚えで頑張ってPVから歌詞を見ようとしたのは内緒です。

21. shake it!

この曲もマジカルミライではお馴染みの曲ですね。「oh yeah!」のコールでとても盛り上がりますね。

この曲では、途中でミクさんやリン・レンが立ち位置を間違えるというお茶目なところが見られるんですが、今年はどうだったのでしょうか。

生憎と場所的によく見えなかったので、確認できませゆでした。DVDで後で確認しておきます。

22. ODD&ENDS

ryoさんの名曲ですね。この曲も久しぶりに聞きました。

この曲はミクさんの調声がすごくいいですよね。ミクさんの感情が溢れてきていて。その熱量に思わず泣かされてしまいます。

というか、途中からもう涙が止まりませんでした。

23. 39

ミクさんのMCから、最後の曲です、と言われてきたのがこの曲です。

39、本当にいい曲です。僕の好きなボカロPのDECO27さんとささくれさんが作ったというも最高です。

歌詞の「39」でコールすることで、ミクさんに感謝を伝えることができるのもいいですよね。

ミクさんと39のかかりはホントに奇跡みたいです。クリプトンも狙っていたんでしょうかね。

24. 砂の惑星

アンコールからのこの曲。この曲はハチさんが作曲したもので、マジカルミライ2017のテーマ曲でした。歌詞が結構衝撃的なんですよね。

個人的な解釈なんですけど、動画サイトでのボカロ文化の繁栄や廃りを歌詞では書いていると思うんですよ。それをマジカルミライに、持ってくる意味を考えると…。

そんなボカロについてもう一度深く考えさせてくれるという、いい曲です。

振り付きも好きですね。ミクさんが合間合間にする、特徴的なポーズが好きです。

25. Tell your world

次はこの曲。名曲ですね。

砂の惑星の後にくると、さらにグッとくるものがありますね。点が線になって、線は円になり、全てを繋げる。

聞いてる人たちに次のミライへと繋いで欲しいという、メッセージを感じました。個人的に感じただけですけど。

それでも、何か意味を感じられずにはいられませんでしたね。

26. グリーンライツ・セレナーデ

ラストを飾ったのはこの曲。今年のマジカルミライのテーマ曲「グリーンライツ・セレナーデ」。

いつくるかなー、いつくるかなーと思っていましたがラストにくるとは。

最高に盛り上がる1曲。今までの流れとこの曲の熱量にもう涙が止まらない。本当に良かったなぁと思えました。

最後の歌詞が「間近で見たいから」なんですけど、映像の歌詞は「マジカルミライへと」になっていた気がします。

空耳だと思うんですけど、本当にそうとしか聞こえなくていい演出でしたね。

歌い終わった後のミクさんのMCも良かった。あれを聞いて来年行かない人はいるのか。いや、いない。

というわけで、以上26曲。最高に楽しませていただきました。

・マジカルミライ2018感想まとめ

最初に書いたように今年のセットリストは、あの懐かしの名曲から最近の曲まで取り揃えていて良かったですね。

アンコールの話なんですけど、マジカルミライに限ってなのかは知らないですが、アンコールが毎回揃わないんですよね。

個人的にアンコールを言うのが早すぎると思うんですよね。バンドの人達がはけた瞬間からもうアンコールですから。他のライブにあんまり行かないので、これが普通なのかもしれませんが。

揃わないということで、ライブ前にある人が会場を回ってみんなで合わせましょう、と言ってきたんですよね。

内容はたしか、中央で「初音」って言うのでその後に「ミク」って言ってください、みたいな感じ。

僕も揃わないなぁと思っていたし、合わせない理由もないので、合わせようとしたのですが…。

結果から言うと、ダメでしたね。「初音」って言う前からもう「ミーク」とコールが始まってしまいました。こうなったらもうそれに合わせるしかないですよね。

アンコールが早いというのが、ここで影響しちゃいましたね。悪く言うと早い者勝ちという感じ。来年は揃うといいのですが…。

リン・レン10周年ということもあって、リン・レンの出番がいつもよりも多かったですね。

リンのソロとかもなく、2人のデュエットだけでした。2人のお祝いということでしょう。

そのかわりなのか、ルカさんの出番は少なかったですね。来年はルカさんの10周年なので溜めている感じかな。来年はルカさんに注目です。

お金があれば、全日程のライブにぜひ参加したいですね。あと、1回目の前でミクさんを見てみたい。いつか、叶うといいな。

いつも通り、いつも以上に最高だったマジカルミライ2018。来年も絶対行きます。来年もよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です