【オクトパストラベラー】現代だからこそ映える、ドットRPGの素晴らしさ 感想・レビュー

スクウェア・エニックスが贈る完全新作RPGオクトパストラベラ-の感想・レビューです。

最初の体験版がでたあたりから注目してはいたのですが、その時はあまり面白さを感じていませんでした。

が、発売されて少ししてからすぐに話題になったのでRPG好きとしてはやらないわけにはいかないと、即買ってプレイしました。

結論から言うと、その判断は間違ってはいませんでした。マジで神ゲーでした。最近のRPGをプレイしてもイマイチに感じていた自分にとっては、久しぶりに買って良かったと思えるRPGでした。

今回もストーリーとか戦闘ごとにわけて書いていこうと思います。

・ストーリー

8人のキャラクターがいるのですが、その中の誰を選んでもいいし、先に進めてもいいという自由度の高いシステム。自分はこういうシステムは初めてだったので、最初はどうやって進めていくか迷ってしまいました。最終的に、ストーリーは第1章から第4章まであるのですが、みんなの第1章が終わってから第2章にいくように平等に勧めるようにしました。

1人のキャラのストーリーを見終わってから次に行くとか、色々な進め方があって個人で変わるようなシステムは面白いです。ただし、章が進むごとに敵のレベルも上がっていき、パーティーのレベルも自然に上がっていくので、他のキャラに行く頃には敵が弱すぎてつまんないということにもなりかねないので、そこには注意が必要です。

肝心のストーリーの中身なのですが、これがもう素晴らしい。1人のキャラに焦点を当てて物語が進行していくので、8人のキャラクターにしっかりと魅力を感じることができるんですよね。それゆえに、キャラに感情移入しやすくなり物語に没頭することができる。

内容も後半につれて熱い内容になるものばかりで、後半になればなるほど続きが気になってしょうがなかったです。第1章や第2章は物語の前半なので面白みに欠けるかもしれませんが、第2章、第3章あたりから盛り上がっていくので前半が多少アレでも後半からかなり面白くなるのでご安心を。

自分の勝手な印象ですが、システムがよくてもストーリーが残念なRPGが多かった気がするので、ストーリーが良いRPGは久しぶりで本当に面白かったです。

RPGってキャラクターといっしょに冒険するので、やっぱりストーリーも重要だと思うんですよね。システムが面白くても、ストーリーに引き込まれないと途中でだれてしまうと思うんですよね。もちろん、その逆もあると思うんですけど。

そんなわけで、満足のいくストーリーで楽しくプレイすることができました。

・戦闘

戦闘の大きな要素として「ブースト」と「ブレイク」というものがあります。

まずブーストですが、ブーストは基本的に1ターンごとにたまるBPを消費して、「たたかう」などのコマンドをブーストすることができます。ブーストすると攻撃するコマンドであれば威力が上がったり、回復であれば回復力をあげることができます。

そして、ブレイク。敵には弱点があり、弱点の攻撃を当てることによって敵のシールドを削ることができます。このシールドを削りきると相手を「ブレイク」状態にすることができます。ブレイク状態だと相手の防御力が下がり、通常の時よりも大きなダメージを与えることができます。

また、ブレイクさせると1ターンだけ相手の行動を阻止することができます。ブーストとブレイクをうまく使えれば、相手に1ターンも行動させずに戦闘を終わらせることもできます。

ゲームを始めた辺りの頃は、いつ相手をブレイクさせるか、いつブーストするか探り探りやっていましたが、相手をブレイクさせてブーストで一気にダメージを与えるという一連の流れを覚えた後は、一気に戦闘が楽しくなりました。

ブレイクさせた後に最大ブーストで奥義を使った時の爽快感はたまらないです。ブーストした時の演出もかっこよく、気持ちいいのでそこもポイントが高いですね。

RPGでは単調になりがちなコマンド戦闘をこれらのシステムによって、爽快感のあるシステムにしているのは本当にすごいです。最初から最後までずっと戦闘を楽しむことができました。

・ジョブシステム

「ジョブ」というものがあり、パーティーのキャラが持っている職業(ジョブ)を他のキャラが使うことができます。これによって、剣士の職業であるキャラも魔法を使える職業にしてあげれば魔法が使えるようになります。剣士なら剣士、盗賊なら盗賊というふうにひとつの職業だけでなく、剣士と盗賊、2つの職業を同時に使うことができるので両方のアビリティを使うことができます。

また、サポートアビリティというのがあります。職業ごとにアビリティ(スキル)があるのですが、それを習得すると同時にサポートアビリティも習得します。サポートアビリティには様々なものがあり、単純に攻撃力や防御力をあげるものや、ダメージの上限を「9999」から引き上げたりとバラエティ豊富です。

さらに、サポートアビリティは一度覚えればどんな職業であっても使えるので、自分の好きなようにサポートアビリティを設定することができます。火力をとことん追求したり、味方のサポートに徹するようにしたりと本当に自由です。

戦略の幅が広がるので、敵に合わせてどういう職業、サポートアビリティにするかとか作戦を考えるのが楽しかったです。自分は火力でゴリ押すのが好きなので、そっちよりの職業やサポートアビリテばかりでしたけど。自分のしたいようにできるので、個人によっていろいろ変わってくるのもおもしろいです。

・フィールドコマンド

各キャラにはフィールドで使えるコマンドが設定されており、あるキャラはNPCに戦闘を挑んだりすることができたり、NPCから物を盗んだりといったことができるようになっています。

NPCとは会話で終わるRPGをやっていたのがほとんどだったので、こうして自由にNPCに干渉できるのは新鮮でおもしろかったです。最初の方は装備が弱かったので、NPCから盗める確率が低いものでもセーブとロードを「繰り返して必死に盗もうとしていましたw 後半はお金も溜まって、買い取るようになっていましたが。

フィールドコマンドには「良いもの」と「悪いもの」があり、例えば「買い取る」はNPCからものを買い取るという正当な行為ですが、「盗む」はNPCから物を盗むという悪い行為です。

「盗む」は時間がかかるもののお金も使わずに物を手に入れられるのですが、もちろんデメリットがあります。盗むことに失敗するとその町の「信頼度」というものが下がります。悪い行為で何回か失敗すると信頼度がゼロになり、その町ではNPCにフィールドコマンドが使えないようになってしまいます。

一方、「買い取る」はお金を消費してしまうというデメリットがあるものの、町の信頼度を失わずに物を入手することができます。あた、確実に物を入手できるのであまり時間がかからないというメリットもあります。

このように、「良いもの」と「悪いもの」には双方メリットデメリットがあり、どちらを選択するのもプレイヤー次第です。もし、信頼度がゼロになったとしても心配はありません。お金さえあれば信頼を取り戻すこともできます。お金もさほどかかるわけではないので、そこまで信頼度がゼロになることに注意しなくても大丈夫です。

正義の道も悪の道に進むことができる、このシステム。まさにロールプレイングをしているようで、自分がどんな行動をとるかというのも楽しむポイントのひとつになっています。

・グラフィック

特徴といっては何といっても「HD-2D」ですよね。ドット絵に3DCGの表現を付加しかているのもので、影やぼかしなどの表現を使うことによって、2Dでありながら奥行きや高さを表現しています。この「HD‐2D」によって、ドットという古い表現をドットのいい所を最大限に生かしつつ、現代でも通用するような全く新しいものになっています。

初めてプレイしたときは驚きました。これがドットできる表現なのかと。自分は別にドットが古臭いとかは思わずむしろ好きな方ですが、「HD‐2D」で表現された世界は本当に美しかったです。

久しぶりにドットで表現されているゲームをプレイしますが、やっぱりいいですね。ドットならではの良さがあるというか。ドットでのキャラには愛嬌を感じられるというか、可愛く思えてしまいます。個人的には「セシリー」というキャラのドットが一番好きです。ただポニテが好きなだけかもしれませんが。

(オルベリクの横で喜んでいる子がセシリーです)

ドットで表現される世界が何とも神秘的で。これを味わうためだけに買うのも全然ありだと思います。

・BGM

そして、RPGでも特に重要な要素と思われるBGMも本当に素晴らしかった。特に戦闘の時のBGMなんですけど本当によかった。

ザコ敵とのBGMは敵の強さに合わせて3種類ぐらいあるのですが、後半になるにつれてどんどん盛り上がり熱くなっていきます。敵の強さというかストーリーの進行具合によって、BGMが変わっていくとだんだん終わりに近づいてきたんだなという感じがします。ここまでやってきたんだという達成感を感じれて良い。

RPGの華tといえばやはりボスとの戦闘。ボス戦のBGMがまたよかった。ボス戦前からBGMが変わり、ボス戦開始から一気に盛り上がる構成はお見事で、たたでさえ演出もあって熱いボス戦が、さらに熱くなります。

BGMの良さってあまり重視しない人もいるかもしれません。自分もそうです。でも、オクトパストラベラ-をやってみてやっぱりBGMって大事なんだと思いました。プレイヤーを熱くさせてくれるBGMはいいものですね。BGMに変化があると、飽きさせない要因にもなりますし。サントラが欲しくなるほど良いものでした。

・総合的な感想

オクトパストラベラ-、これといって気なる点は見つからず、本当にいいゲームでした。まぁ、いい所ばかりに目がいってしまって悪い所に目がいかなくなっているだけかもしれませんが。

個人的にはマップをもう少し親切にしてくれてもよかったんじゃないかと。せめて、歩いたところのマッピングぐらいはして欲しいなと覆いました。でも、こういう不便なところも昔のRPGの良さということで、良いものかもしれませんね。

あと、ボス戦前にセーブポイントがない所もあったので、自分としては直前には必ずセーブポイントを設置してほしい所。設置してないいう所はボスまでの道が短いのですが、それでも入り口まで戻ってセーブするのは面倒くさい。サポートアビリティでエンカウント半減などもあるので戻るのにそれほど苦はありませんが。

RPGの昔ながらの良さも取り入れ、現代の人たちに贈るのにふさわしいRPDとなっている今作。RPG初心者の人にはもちろんRPGを常日頃やっている人にもおすすめできます。むしろ、多くのRPG作品をやってきた人の方がウケるかも。

というか、RPG好きじゃない人にもぜひやってほしい。ゲーム好きなら買う価値ありですよ!

以上、そんな神ゲーのオクトパストラベラ-の感想・レビューでした。

3 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です