【Summer Pockets(サマーポケッツ)】 共通・紬ルート 感想 たとえ、夏の終わりに別れるとしても… ※ネタバレあり

Key期待の最新作、「Summer Pocket」略してサマポケのの感想です。

Key最新作ということでもちろん期待はしていたんですが、体験版をやってみておもしろかったので発売されるまでとても待ち遠しかったです。

Keyの作品を長年プレイしてきたみたいな口ぶりですが、実際にプレイしたことがあるのはPS4版「Rewrite」だけです。しかも、完走していないというね。何か途中でだれてしまったんですよね。時間があれば完走したいんですけど。

Keyのファンになったのはアニメの「CLANNAD」を見てからですね。そこからKey原作のアニメはほとんど見るようになりましたね。わざわざ過去作品まで探して見たりしてました。

keyの好きな所はギャグがおもしろいのと、それに加えて泣かせるところはしっかりと泣かせてくるという所です。笑いあり、涙あり。全部が詰まっているような所がKeyのすごい所だと思います。

「Summer Pockets」はその名の通り夏がテーマの作品ですね。個人的にアニメや漫画などの作品で取り上げる季節としては夏が一番好きです。夏は何だか無性に切なくなるというか、懐かしなくなるというか。普段、生活するうえでは夏は嫌いですけど。

与太話はここまでにして感想の方を書いていきましょうか。感想はルートごとに書いて行こうかと思います。

・共通ルート

あらすじとしては、主人公である鷹原羽衣里は夏休みに亡くなった祖母の遺品整理ということで作品の舞台である鳥白島にやってきます。そして、その島で様々な人たちと出会い、たくさんの仲間ができていく、みたいな感じです。

一見するとただ主人公が呑気に夏休みを過ごしているだけに見えますが、そこはKeyということで何かあるんでしょう。

共通ルートはこんな感じでマップ画面から好きなキャラを選んで話を進めていきます。自分は今までやってきたADVは、テキストを読んで選択肢を選んでいくっていう典型的なものしかやっていなかったので新鮮でした。ただ、どうやったら個別ルートに入るのかわらなくて最初は少し不安でしたw

個別ルートにはマップ画面から選んだ回数が多いキャラに入る感じだと思います。こういうシステムだと目的のヒロインの個別ルートにいちいちセーブやロードを繰り返して入る必要がなくて楽ちんです。なかには自分で試行錯誤して個別ルートに入りたいという人もいるかもしれませんね。

選択できるものとしては攻略できるヒロインはもちろんのこと、その他の登場人物も選べたり全くストーリーに関係ないものも選べたりします。こういう所にKeyの遊び心が感じられます。

また、ただテキストを読んでいくだけでなくミニゲームもあります。

天善と熱い卓球をしたり、

島モンを捕まえてバトルをしたりといろいろあります。ADVはテキストを読むゲームだと思っていたので唐突にミニゲームが始まるとそれはもびっくりしました。ミニゲームやっているうちに「あれ?俺何のゲームやっているんだっけ?」と何のゲームをやっているかわからなくなります。

島モンはランキング形式で上位の相手と戦うシステムなのですが、これどっかで見た気が。確かリトルバスターズでもこんな感じのランキング形式のバトルがあった気がします。リトルバスターズから持ってきたネタなのかな。もしかしたら、Keyは代々こういう感じのミニゲームを盛り込んでいるかもしれませんが。

共通ルートはヒロインと一緒に過ごすだけでなく、良一や天善とバカみたいなことをしてぎゃーぎゃー騒いでいるのをみることもできるので、個人によっていろいろな遊び方ができるのでおもしろいと思います。

・紬ルート

それでは紬ルートの感想の方を。

紬を最初に選んだ理由は自分の中で好きなキャラとしての順位が低かったからというひどい理由です。僕は好きなものは後に取っておきたい、楽しみは最後にしときたいという性格なので最初の時点で順位として低かった紬が最初になりました。鴎も低い方なので、どっちかのルートに入れたらなぁと思って共通ルートをやっていました。

決して紬に魅力がないという訳でなく、最初の第一印象で決まっているのでプレイしていく内に順位が入れ替わることもあります。紬は見事僕の好きなヒロインランキングの順位を塗り替えてくれました。

僕はツンデレとか最初は冷たい感じで後からデレるというギャップが大好きなので、紬のようなのほほんとしたキャラにはあんまり魅力を感じないんですよね。ただ、紬はそれ以上にめちゃくちゃ可愛くて一気に好きになりました。

この猫の着ぐるみをきて「むにゃ~」と言う所とか可愛すぎて悶え死にそうになりました。紬はホントに萌えるという表現がこのゲームのヒロインの中で一番似合っているキャラです。

紬はよく「むぎー」という謎の口癖というか鳴き声をします。こういう変な語尾や口癖を言うのはキャラ付けをする上でよくありますけど、中にはやりすぎて敬遠されるものもありますよね。でも、紬はキャラに合っていたのか全然違和感がなく、むしろ可愛げがあってよかったです。

Keyの作品にはよく特徴的な口癖や語尾を言うキャラが代々出てきますよね。「うぐぅ」とか「わふー」とか。いってもよく知らないんですけど。Keyの作品には必ずこういうキャラがいるようなイメージがあります。勝手なイメージですけど。

ストーリーとしては初めは普通にのんびりと紬と遊んでいるだけですね。紬は「自分を探している」と言って毎日何かしら行動をしていて、羽衣里はそれに付き合う。若いころによくある自分は何者なのかとか、アイデンティティを探しているのかなーとこのころは適当に考えていました。

紬ルートでは紬のほかにもう一人重要なキャラが登場します。

そう、静久さんことおっぱいさんです。いや、おっぱいさんこと静久さんです。

静久さんは出会いの場面で一気に持ってかれました。静久さんはおっぱいに尋常でないこだわりを持っており、おっぱいの知識に関しては他の者の追随を許さないほどです。女性のキャラでおっぱいが好きでこだわりを持っているキャラはなかなかいないですよね。普通は男性のキャラがやるものだと思います。

それを女性のキャラがやるのですから、インパクトは大きいです。ギャップもいいですよね。あのおっぱいドラゴンとも仲良くなれそうなほどのおっぱい好きです。最近、お姉さんキャラにハマっているのでそこもポイントが高いです。

基本的に静久を加えた羽衣里、紬の3人で夏休みを過ごしていきます。本当に他愛もないことで、でもかけがえのない毎日を過ごしていきます。

しかし、そんなのんびり過ごしていた夏休みも唐突に終わってしまいます。

羽衣里がふらっと灯台に立ち寄ると、紬は泣いていました。このシーンも結構驚きました。紬はいつも楽しそうで、泣いているイメージではなかったので。

話を聞いてみると、夏休みが終わってしまったらもう2人に会えないほどの遠い所に行ってしまうらしい。もう2人と遊べないというのが悲しかったんでしょうね。そこで、羽衣里は言ってやるわけです。「俺の夏休みを全部紬にあげる」と。

いやぁー、ホントカッコイイですよね。人生で一回は言ってみたいセリフです。夏休みをあげるというのがおしゃれでありながら切なさを感じます。

こうして羽衣里は紬と夏休みを全力で過ごすと決めたのです。羽入里と紬のふたりっきりではなく、静久と3人で。ここまでくると恋人関係に発展して2人で過ごしそうなものですが、羽衣里はそれをしませんでした。

ここも羽衣里のいい所ですね。2人の時間ではなく、静久との3人の時間を大切にする。恋も大事ですが、友情も恋と同じくらい大事なものです。

ここまで関係が進んでくると、いよいよ山場の告白が待っています。

一度告白したのですが紬は何も答えてくれず、そのまま立ち去ってしまいます。このままではこれからの夏休みも思いっきり楽しめないのでもう一度話をしようと、紬に会いに行くのですが…。

紬も本音では羽衣里のことが好きでした。しかし、付き合ってしまったらお別れするときにもっと悲しくなってしまう。それならいっそ付き合わない方がいいんじゃないか。付き合うことに意味なんてないんじゃないかと考えてしまった。

それでも羽衣里は「お別れするってわかってたら、恋人になる意味ないのかな?」と言ってそんな紬の見方を変えようとします。恋人になってもっともっと夏休みを全力で楽しんで、お別れするときには思いっきりいっしょに泣こうと。このセリフも切なくて、でも胸が暖かくなるようなセリフで好きです。

恋人にならずに別れの悲しさを減らすのか、恋人になって思いっきり楽しむかわりに最後に大泣きするのか。どっちがいいんでしょうかね。もちろん、楽しめば楽しんだ分だけ別れの悲しさは大きくなると思うんですけど、逆にいうと悲しくないということはそれだけ楽しめなかったということだと思うんですよね。

「悲しくなかったけど、楽しくもなかったなぁ」と後悔するよりも「悲しかったけど、それ以上に楽しかった」というような前向きな考え方の方が絶対良い思うんです。それだけに恋人になって全力で夏休みを過ごすことを決めた羽衣里には共感できました。

こうして、晴れて恋人なった羽衣里と紬、そして静久の3人でこれまで以上に夏休みを楽しむように過ごしていきます。

ちなみに静久は羽衣里と紬が恋人関係でいることは容認しています。男1人と女2人なので何かしら問題が起きそうですが、この3人に限ってはそんなことはありません。むしろ、静久は「浮気しちゃうかもよー」と茶化すぐらい仲がいいです。

静久も羽衣里のことはまんざらもなく思っている節がありますね。天善は静久に惚れているのですが、それを考えると少し悲しくなります。生徒会長のことが好きなメガネキャラということから何となく「とらドラ」のあのキャラを連想してしまいますね。性格も似ている気がしますし。

恋人にもなり夏休みを楽しんでいたある日、遺品整理をしていた蔵からあるものを見つけます。

ある人の写真。紬とよく似ている…、いや、似ているとかいう次元ではなく瓜二つ。紬そのもの。問題は何年も前の写真に何故紬が写っているのか。

ここは衝撃でした。この写真に写っている写真が紬なら、ここにいる紬は何なのか。僕の考えとしては紬がタイムスリップしてきているというもの。なんの根拠もない考えでしたが、辻褄は合うと思ったので謎が明らかになるまではこの考えで取り敢えずプレイしていました。

何事もなく夏休みが終わるまで紬と過ごせたらよかったのですが、いつも灯台から出てくる紬がいつまで経っても出てこない時がありました。しかも、それがみんなで出かけようと約束した日に。

約束した瞬間から何か良くないことが起きそうな予感はしました。こういう瀬戸際というか、大事な約束というのは往々にして果たされないものが多いです。それだけに何も起きないでくれと祈りながらプレイしていましたが、嫌な予感は当たってしまいました。

1回だけならまだしも、また同じことが起こり、しかも長い間紬は出てきませんでした。おかしいと思った羽入里たちは前の紬との会話から、紬が昔住んでいたと思われる家を探し当てます。そこで日記を発見します。

その日記は紬が書いていたものでした。中々友達ができなかった紬はヌイグルミと友達として遊んでいてそれが心の拠り所だった。その後、灯台守の男と仲良くなり、羽衣里のおばあさんと友達になってからは友達の輪が広がった。灯台守の男とは恋に落ちたが、家族はそれを認めず紬たちは島から出る決心をする。しかし、当日紬は男の前には現れず島からいなくなってしまった。

という所で日記は途切れています。しかし、ここで終わってはいませんでした。誰かが日記の続きを書いていたのです。ツムギのことを忘れないようにと。

誰が書いていたのかは全然わかりませんでしたね。ホラーとかそういう類の話ではないので、ツムギと親しかった友達とかが書いていたのかなーとかしか考えられませんでした。謎は明かされず謎は深まるばかりです。

羽衣里たちは必死に探しますが見つかりません。何となく灯台が気になって羽衣里は灯台に入るのですが、入ってみると灯台の周りは見渡す限りの花畑になっているという普段ではありえない光景が広がっていました。

そして、そこには何と写真に写っていたあの子がいました。

名前を聞いてみると、紬と名前はいっしょでした。ツムギは羽衣里と遊んでいる紬と比べるとどこか大人しい印象でした。紬と見た目はいっしょなので、それだけに違和感がありました。

ツムギはこの空間から出ることができずに、ずっとここにいるそうです。ということは、紬がタイムスリップをしている説はなくなりました。ここでもう一気にわからなくなりましたね。じゃあ、一緒に遊んでいた紬は何者なのかと。

羽衣里はツムギのアドバイスのおかげでこの不思議な空間からでることができましたが、ツムギはここから出られません。ツムギによるとここにいたい人、何かに囚われているひとはでられないそう。この時点ではそれが何なのかはまだよくわかりません。

目を覚ますと静久と涙で目を晴らした紬がそこにはいました。とりあえず紬が戻ってきたのでひと安心です。

羽衣里はあの不思議な空間のことを覚えていませんでした。きっと、あの空間のことは覚えていることができないようになっているのでしょう。でも、紬によく似ていたあの子に会ったことは覚えていました。あの子に会ったことが今後何かの役に立つといいのですが…。

この出来事から羽衣里と静久は夏休みが終わってしまったらどんなに手を尽くしても紬に会えないことを悟ってしまったのでしょう。羽衣里と静久はある計画を考えます。それはこれから起こる一生分のイベントを残りの休みの分でやってしまおうというものでした。

クリスマスもお正月も。傍から見たら何をバカなことをと思うかもしれませんが、こういうバカみたいなことを考えて実践するっていうのが若いっていうのはいいなぁと思わせますよね。1人の女の子のためにがんばる。青春っていいなぁ。

でも、一生分のイベントをやるってことはこれからそういうイベントを一緒に過ごすことができないといっているわけで…、これがもう切ない。だけど、羽衣里たちはそういう気持ちを飲み込んで今を全力で楽しもうと決めたわけです。ここら辺から涙腺がゆるゆるでした。

そして、どうせならと羽衣里と静久は島のみんなも誘いました。羽衣里たち3人だけでなく、みんなとの思い出も作ろうとしたわけです。ここもいいですよねー。羽衣里たち3人以外の友達も大事にしている気がして。みんなでバカみたいなことをバカみたいにやるって最高です。

クリスマスもお正月もたくさんのイベントを楽しんできた紬との時間もいよいよ終わりが近づいてきました。灯台の中には紬と羽衣里の2人だけで、静久と島のみんなは何やら準備があるようで外に出ているそう。準備が出来たようで2人で一緒に灯台の外へ出ていくと…、

そこには手作りのキャンドルで作られたキャンドルロールができていました。このCGはシチュエーションと相まって本当に綺麗でした。このキャンドルは紬が集めていたパリンググルスできたものです。

それから紬はこれから起こるであろう未来のことについて語り始めます。羽衣里とデートしたり、羽衣里たち3人でケンカしてしまったり、でもそのあとに仲直りしてもっと仲良くなったり…。

羽衣里の目からはいつの間にか涙が出てきていました。最後まで笑顔で過ごそうと決めていたのに…。

僕もこの辺からもう涙が止まりませんでした。叶うことのない未来について語ることのなんて切ないことか。紬が普通の女の子だったら、普通にあったであろう未来。そんな未来を紬が楽しそうに話しているのを見ていると、もうね…。

紬は羽衣里と静久と一緒に過ごせたこと、島のみんなと遊べて幸せだったことを伝えていなくなってしまいます。紬の正体はヌイグルミでした。

プレイしているうちにそうじゃないかと思っていたのが当たっていてやっぱり…、と思いました。ツムギの友達が書いていたことと普通の人間はないことを考えると、ツムギがお友達だといっていたヌイグルミなのではないかとぼんやり思っていました。

こうして紬、静久、羽衣里の3人で過ごした夏休みは終わりました。羽衣里は帰りのフェリーで少女がある歌を口ずさんでいました。その歌は紬がいつも口ずさんでいたあの歌。紬がいなくなってしまっても紬がいた証は残っている。切ないですけどいい終わり方でした。

と、思いきやここで終わらないんですよね。紬はいなくなった後、羽衣里も行ったことのあるあの不思議な空間に移動しました。そして、そこにいたツムギに言われるのです。あなたは待っている人の所へ行くべきだと。

戻った紬は灯台で待っていました。大好きなあの人のことを。灯台の扉が開いた時、紬は言いました、ただいま——。

・紬ルートの感想まとめ

紬ルートは切なかったですけど、その分夏休みを全力で楽しんでいる様子が伝わってきてとても良かったです。紬が本当に可愛かったってのも大きかったです。

気になった点としては静久さんの立ち絵の差分が少し少なかったかなと。静久さんが泣いているときに泣いている立ち絵じゃなかったので、そこに違和感を少し感じました。

あと、終わりの部分ですね。紬が戻ってきたのは本当に嬉しかったんですけど、僕はもう紬と会えないものだと思っていて、切ない感じのままで終わってもよかったのかなぁと。基本的に僕はハッピーエンドが好きな方なんですけど今回はなんかちょっとね。最後が少しあっさりしすぎだったのかな?

とはいえ、本当に泣かせてくれたり、笑わせてくれたりしていい話でした。久しぶりにたくさん泣いた気がします。次は鴎ルートの感想を書いて行こうと思います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です